白内障 手術後 目薬

白内障もシーナックで改善へ

若い時には、身体のことなど余り考えませんでした。

 

 

しかし、加齢とともにやってくるのが身体の老化です。

 

 

気持ちはいつまでも若いつもりでも、身体は確実に年老いていきます。

 

 

身体のあちこちに、さまざまな症状もでますが、その1つに目があります。

 

 

加齢による白内障は、年齢とともに眼球内部にあるカルノシンという抗酸化物質が作られなくなってしまうことからおきる、目の病なのです。

 

 

通常は人の細胞で生成されるカルノシンですが、年齢とともに作られなくなり、そして水晶体の酸化が進み過ぎると目の眼球が白く濁っていきます。

 

 

そして、最悪の場合は失明となってしまうのです。

 

 

現在は、手術をすることで治るとされている病ですが、視力がある場合の軽いものであれば、シーナックという目薬で症状を緩和していきます。

 

 

酸化によって水晶体が白く濁ったものをクリアーにしてくれる点眼タイプの白内障目薬としても、このシーナックは人気があります。

 

 

治療の目安として、半年1一日2回、それが過ぎたら1日1回の点眼で白内障の不快さを取り除いてくれます。

 

 

この薬を使用するにも、医師と相談してから白内障点眼薬シーナックを利用してみましょう。

 

 

また、日頃からの白内障予防として紫外線カットやビタミンCの摂取を心がけてください。